shiro-graphy

iPhoneと富士フイルムで沖縄を撮り歩いています

【ハクバ XC-PRO】撥水防汚の保護フィルター

スポンサーリンク

こんにちは、シロです。

雨の日に写真を撮るときには防塵防滴性能を持つXF23mmF2 R WRのレンズを使っています。

濡れることを気にせずに撮影続行できるので、とても満足していますが、ひとつだけとても気を使っていることがあります。


見て分かる通りレンズフードが短いんです。

広角レンズなので仕方ないのですが、雨に対しては少し頼りないです。

レンズ前面に雨粒がつかないよう手で覆ったりしていますが、それだと機動性が落ちてしまったり。

そして一番手間だなと感じるのが、ついてしまった雨粒を「クロスで拭って、水あとをレンズペンで拭きとる」という動作です。

文字にすると楽そうに見えるのですが、傘を持ったまま片手で作業するのはかなり煩わしいです。


なにか良いのがないかなと探していたところ、ハクバから出ている撥水防汚の保護フィルターというのを見つけました。


フィルター表面に撥水加工がされているので水滴をはじき、付着した汚れも簡単に落とせるので手入れがしやすくなります。



せっかくなので撥水性能を試してみます。

水を弾くとはいえ新品のフィルターを自分で濡らしてしまうことに少し抵抗はありましたが、ハクバの品質を信じて霧吹きで水をかけてみました。


これは全然違いますね!

水を弾いて玉状になりました。


次はブロアーで吹いたところを比較してみます。


どちらも同じ強さで吹いているつもりですが、かなり差が出ました。

撥水コーティングのおかげで水滴が転がりやすくなっているため、簡単に吹き飛ばすことができました。

水平に机の上に置いた状態で試しましたが、実際にカメラに装着して使う場面では垂直に近い状態になるので、更に水滴が落ちやすくなると思います。


装着したところ。もちろん全く問題ないです。
赤色がいいですね。

今後は保護フィルターはこのシリーズで統一していこうと思っています。



ちなみにこれは完全に余談になるのですが、撥水効果を比較する写真はiPhoneにtokyo graoherのマクロレンズを付けて撮影しました。

一眼用のマクロレンズは持っていませんが、これだけ分かりやすく撮れたらもうマクロはiPhoneで十分だと感じました。