shiro-graphy

iPhoneと富士フイルムで沖縄を撮り歩いています

【Slow Shutter Cam】長時間露光アプリ

スポンサーリンク

www.shiro-graphy.com

以前、iPhoneの純正カメラで長時間露光エフェクトを使う方法を書きましたが、今回は長時間露光写真を撮影できるアプリを紹介します。

Slow Shutter Cam
Slow Shutter Cam
開発元:Cogitap Software
¥250
posted withアプリーチ



1.撮影画面


撮影モードは3種類あります。

モーションブラーは人や車など動いているものをブレさせるもの

ライトトレイルは車のライトなどをレーザービームのように光跡として写すもの

ローライトは暗い場所での撮影に向きます

簡単にですが上記のように使い分けます。


シャッタースピードもバルブまで対応していて、ISO感度も自由に設定することが出来ます。

2.作例


シャッタースピード15秒


シャッタースピード30秒


シャッタースピード60秒


シャッタースピード60秒

シャッタースピード30~60秒ほどあれば、波が立っていても水面は滑らかになります。


シャッタースピード60秒

長時間露光ならではの水面の反射


シャッタースピード60秒

このアプリは夜景の場面でも大活躍。

観覧車の光のブレのキレイに写してくれます。


シャッタースピード60秒


シャッタースピード60秒


シャッタースピード30秒

車のライトの光跡も簡単に撮れます。


シャッタースピード15秒


シャッタースピード30秒

ライトトレイルモードは光の軌跡を写すので、夕景~夜景の時間帯が向いているのですが、昼間に撮るとこんな不思議な写真になりました。


撮影時は手ブレ厳禁なので、三脚が必要ですがスマホ用のミニ三脚があれば十分です。

長時間露光を試してみたいけど、一眼カメラでは撮影設定が難しそうと敬遠してる方にも試してもらいたいです。

肉眼では見られない景色を写してくれる「Slow Shutter Cam」とてもおすすめです。

3.関連記事

www.shiro-graphy.com

www.shiro-graphy.com