shiro-graphy

iPhoneと富士フイルムで沖縄を撮り歩いています

部分日食を観測! Photo Journal Vol.123

スポンサーリンク

2019年12月26日は太陽の前を月が横切り、太陽が欠ける「部分日食」が見られました。

「全国的にはあいにくのお天気ですが、沖縄など一部では観測のチャンスがある」とのニュースを見てから、今日はカメラだけでなく望遠レンズも持って家を出ました。


欠け始めが14時過ぎでしたが、仕事で間に合わず30分ほど遅れて空を見上げてみると、薄くかかった雲がフィルター代わりになって、肉眼でも欠けている太陽が見られました。


くもりのお天気だったので、雲の隙間から見えたり隠れたり。


欠け始めから30分後くらい。左下が大きく欠けています。三日月みたい。

薄く雲がかかっている状態のときはNDフィルターなしでも撮影できたので、そこを狙って撮っています。


こちらはX-T2 + XF35mmF1.4 RにND100のフィルターをつけててとりました。


影も日食の形に欠けるというのも試してみたくて工作してみたのですが、、、


私の作り方が悪くて、分かりづらかった。

なんとなく円の下のほうが欠けてるかなと言う感じ。


最初の方では左下が欠けていたのが、少しづつ上に移動していきます。


欠けている部分には月が重なっています。


星座表で確認してみると太陽の上に月が。不思議な現象ですね。


撮影開始と終了時の写真を比較してみるとこんなに違いが。

40分ほどでこれだけ形が変わっていました。


日食の終わりが近づくにつれて雲が分厚くなり、終了直前には全く見えなくなり、更に雨も降ってきました。

天気予報通り全国的には見られなかった地域の方が多かったようなので、少しの間だけでも観測できて良かったです。

日食を見るのは子供の頃以来で、撮影は始めてでしたが、年の瀬の天体ショーをとても楽しむことができました。

なんとなくご利益があるような気がしますね。