shiro-graphy

iPhoneと富士フイルムで沖縄を撮り歩いています

西海岸は午前中がきれい Photo Journal #156

スポンサーリンク


住んでいる土地柄、やっぱり海を撮る機会が多いのですが、同じ海でも時間帯によって撮れる写真は全く違います。


夕日や朝日は別ですが、基本的には太陽に背を向けて撮るときれいです。


順光という言い方をしますが、被写体が正面から光を受けるので色や形がはっきり写ります。


太陽を正面にして「逆光」で撮った一枚。

全然違いますよね。

空も海も同じように青いのですが、白っぽくなって全然色が出ていない。


被写体が人や物なら光が良く当たる位置に移動すればいいのですが、自然が相手ではそうもいきません。

なのできれいに撮れる時間を狙って行きます。


それが午前中は西海岸、午後は東海岸です。



影の位置を見れば分かりますが、左斜め前に太陽がある「半逆光」の状況です。

空の色がより太陽に近い左側は白く飛んでいるのに対し、右側は空も海も青色がちゃんと出ています。

太陽の位置によって写真が大きく変わるのでとても大事です。


写真は今日の午前中に撮ってきたものです。

海開きに向けて砂浜を均していました。


飛行機がちょうど太陽の真下を通過したのでパシャリ。

こういう写真はワンショットでは絶対無理なので、連写にして一番タイミング良く撮れているものを採用します。