shiro-graphy

iPhoneと富士フイルムで沖縄を撮り歩いています

XF35mmF1.4Rのレンズフードキャップすぐ失くす問題

スポンサーリンク

こんにちは、シロです。

Xマウントの単焦点レンズの中で一番人気のレンズ、XF35mmF1.4R

かっこいいデザインのレンズフードにはキャップが付属しています。

このレンズをお使いの方はよくご存じだと思うのですが、キャップは蓋のように被せるだけなのでいつの間にか落としているパターンがよくあるのです。

うっかり者の私は買って一ヶ月くらいで早々に無くしてしまいました!


フードキャップがなくても、レンズキャップがあるので保管時にレンズが剥き出しになってしまう事はありませんが、ないならないで地味に不便なのです。


フードは角形なのでレンズの口径よりも上下が短くなっていて、フードを付けたままレンズキャップの取り外しをする事はできません。

新しいキャップを買ったとしてもまたすぐに失くしてしまう自信があったのでしばらく様子を見ていました。


撮影の度にレンズフードを取り外すのが段々面倒になってきて、フードなしで使うこともありました。

でもやはり機能的にもデザイン的にもレンズフードは取り付けておきたい。

どうしようかと思っていたところ、レンズフードを付けたままでもレンズキャップが使える事に気がつきました。


斜めに入れればいけますよ!

レンズキャップの溝が浅いので少し指で摘みづらいですが、問題なく使えています。

結局新しいキャップを買うことなく気づけば3年経っていました。

新しくこのレンズデビューをした方には「どうせすぐ行方不明になるので最初から使わない方がいいですよ」とお伝えしたいです。


とは言え、根本的に解決して欲しいですが。。。

富士フイルムさんお願いしますよ!